shimadallar

"

逆だ。百貨店側が若者を遠ざけてきたんだよ。
大食堂を廃止したり、屋上遊園地を撤去したり
玩具売場を縮小したり……

子供のころから親しんでない百貨店に
「社会人になって金持ってるんだから来てください」は
虫がよすぎる。自業自得、手遅れ。
同じ品揃えなら子供の頃から
家族で行ったショッピングモールに行くって。

"
— 2日前・リアクション2736件
"

とある企業の管理職は、生産性の向上と経費節減のため、
社内に「生産性の向上を検討するタスクフォース」を設け、
各部署から、参加する余裕のある有志を集めた。

その有志達はクビになった。

"
— 2日前・リアクション495件
"「悪質なものなどいらない。良質なものだけ最初から集めればいい」という人は、「質というものは常に量の中にしか存在しない」という法則を忘れているか、あえて無視しているとしか思えない。"
— 2日前・リアクション790件
"48: アビシニアン(三重県):2013/02/08(金) 01:21:33.47 ID:3gsP7tQg0
天津飯は日本生まれ
中華丼も日本生まれ
ナポリタンも日本生まれ
カレーライスも日本生まれ
台湾ラーメンも日本生まれ
オムライスも日本生まれ
トルコライスも日本生まれ
チキンライスも日本生まれ"
— 2日前・リアクション1906件
"

家をきれいに保つには、
人を呼ぶのが一番だ。

心をきれいに保つには、
人と会うのが一番だ。

"
— 2日前・リアクション6313件
"キングカズのスキンヘッドの真相。
泣けるなあ。そして改めて凄いと思った。

とある小児病棟に慰問に行ったカズ、普段湿りがちな病院の子供達や看護婦達に大歓迎を受け、リフティングやらを披露して大歓声を受けている、ふとした拍子にカズがあきらかにその輪に加わらないスキンヘッドの女の子を見つけた、カズはその子に話しかけたがサッカーに興味が無いと言い残し車椅子で病室に去って行ってしまった。

看護婦に聞くとその子は白血病で抗ガン剤の副作用から髪の毛や眉毛が抜け落ちて、それから誰にも心を開かなくなったのだと言う、しかしカズは見逃さなかった、その子が去ってゆくとき小さな紙切れのようなものを落として行くのを、カズがその紙切れを見るとこう書いてあった「試合いつもテレビで見ています頑張ってください」カズは看護婦に一枚の色紙をその女の子に託した、そこにはこう書いてあった「絶対に何があってもあきらめない」

次の試合、チームメイトやサポーターから大爆笑や野次がおこっていた、新聞記者はこぞってこう書いた「キングご乱心」そこにはスキンヘッドで眉毛も無い状態でピッチに立つカズの姿があったのだ


スキンじゃなかったが、クリクリ坊主頭にした時の本当の話。"
— 2日前・リアクション1615件
"
「お前は見られている」が宗教、 「見られていなくても」が道徳、 「どう見ているか」が哲学、 「見えているものは何か」が科学、 「見えるようにする」のが数学、 「もし見ることが出来たら」が文学。
"
— 2日前・リアクション775件
"

みんなの党は噂の通りミニ民主党だった

【みんなの党】山内康一議員「中国が日本に攻め込んだことはありません。第三者的に見たら『日本は好戦的な国』」★3
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1367910344/

振り返ると日本が中国に攻め込む例ばかりです。
元寇は「中国」とは言えないと思いますので、
中国が日本に攻め込んだことはありません。

第三者的に見たら「日本は好戦的な国だ」と思い、
中国の被害者としての側面に目がいくでしょう。

国際的には、日本人自身が思っているほどには、
日本は平和愛好国とは見なされてないでしょう。

他方、遣隋使・遣唐使以来の交流の歴史もあり、
さまざまな文化を中国から日本は学びました。

明治維新後に多くの中国人留学生が日本に学び、
日本語経由で西欧の技術や思想が中国に伝播し、
さまざまな人間同士の交流もありました。

戦後も日中国交回復後のかなり長期間にわたり、
日中関係は良好な時代が続いていました。

http://yamauchi-koichi.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-ea73.html

日本は昔武辺の国だったし戦前まで好戦的な国だった事は認める。
が、戦後の日本と中国はどちらが好戦的かといえば第三者から見ても中国だろう。

中国の侵略の歴史

1949年   中国がウイグルを侵略
1950年   中国が朝鮮戦争に参戦
1951年   中国がチベットに侵略し現地民数百万人を虐殺
1959年   中国がインドと国境紛争、カシミール地方の占領
1969年   珍宝島で中国軍がソビエト軍と衝突
1973年   中国軍艦が佐渡島に接近、ミサイル試射
1979年   中国がベトナムを武力侵略。中国が懲罰戦争と表明
1992年   中国が領海法制定により南沙諸島と西沙諸島の領有を宣言
1995年   中国が歴史的にフィリピンが領有してきたミスチーフ環礁を占領
1996年   中国が台湾海峡でミサイル発射し台湾を恫喝
1997年   中国がフィリピンが歴史的に領有してきたスカーボロ環礁に領有権を主張
  同年   中国が日本が固有の領土として主張してきた尖閣諸島の領有を主張
2000年   中国の軍艦が日本列島を一周。中国が尖閣諸島付近で日本の領海内の海底油田調査を敢行
2004年   中国が沖ノ鳥島は岩であり日本の領海とは認めないと主張
  同年   中国の潜水艦が石垣島の日本の領海を侵犯
2005年   中国が反分裂国家法を制定し台湾に対して武力行使を明言
  同年   台湾問題に介入するなら核攻撃を行うとアメリカを恫喝
  同年   中国が沖縄の日本帰属に疑問を示し沖縄は歴史的に中国のものと主張
  同年   中国海軍が春暁ガス田付近に軍艦派遣で示威行動
2007年   「太平洋の東を米国、西を中国が管理しよう」と米国へ持ちかける。
2010年    艦隊が沖ノ鳥島近海で大規模軍事演習。
2010年   「国防総動員法」を設立、7月から施行。
2010年    中国軍が黄海付近で大規模な長距離ロケット砲の実弾演習実施
2012年   尖閣諸島沖領海領空侵犯
2013年   尖閣諸島沖領海領空侵犯
2013年   中国軍インド・カシミール地方国境侵犯

"
— 2日前・リアクション22件